きぼりぐまの金庫の扉

再生医療をはじめ、最新のビジネスについての情報を提供します。本気のあなたにはとても役立つ情報が満載です!

いざとなればなんとかなる

ããã£ã¦ã¿ãããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

おはようございます!大橋です。

 

 

 

昨日はベトナム・ハノイで

米朝首脳会談が行われました。

 

 


昨年6月のシンガポールでの史上初となる米朝首脳会談で
北朝鮮の核兵器放棄と交換に経済的支援が約束

されましたが、目に見える成果が出ていません。

 

 


今回の会談でも、目立った成果は見られませんでした。

 

ã交æ¸ãéãæ­£æ©ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 


先日、投資の神様、ジム・ロジャース
「北朝鮮では、すべての産業が成長する可能性がある」
「北朝鮮の経済開放はビッグチャンス」

と言っていました。

 

 


私は、次の注目の国は

「北朝鮮」

ではないかと思っています。

 

 

 

私は、是非行ってみたいと思っていました。

 

 

 

北朝鮮の潜在的経済力は東南アジアでも屈指で
トップクラスの豊かな国になる可能があると思います。

 

 


北朝鮮が経済開放されれば正に「ビックチャンス」です。

 

 

 

何故なら「大変化は大チャンス」だからです。

 

 


『無謀なリスク以外は、全て私たちを成長させる為のチャンス』

 

 

 

今日は「チャンス」について考えたいと思います。

 

 ããã£ã³ã¹ãéããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

西洋のことわざに「風向きばかり見ている者は
蒔くことも刈ることもできない」とあります。

 

 

 

これは「どうしようかと悩んでいるうちに

チャンスを逃してしまいますよ」と言っているのです。

 

 

 

中国の『後漢書』にも次の様な言葉があります。

 

 


「舎を道傍に作れば三年にして成らず」

 

 

 

意味は

「ある人が道端に小屋を作ろうとし

道行く人々に相談をしたが、

それぞれが勝手なことを言うので

とうとう三年経っても完成しなかった」

というものです。

 

 


「周りの意見に振り回されていると、いつまで経っても
目的が達成出来ませんよ!」と言っているのだと思います。

 

 

 

ニューデリー生まれのインド人経営コンサルタント
サチン・チョードリー氏は著書

 

 

 

 

『頭で考える前に「やってみた」人が、うまくいく』

の中で次の様に書いています。

 

 

 

日本人は、何事に対しても不安を感じすぎているように思います。

 

 

 

 

海外でビジネスを展開する印僑のお金持ちたちは
不安についてあまり考えることがありません。

 

 

 


聞いた話ですが、「フォーブス」のシンガポール長者番付で

40位以内に入る印僑の大富豪にお会いしたときの話を

先日お聞ききしました。

 

 

 

その方はこんな質問をしたそうです。

 

 


「もし、あなたが事業に失敗したら、どうしますか?」

 

 


すると、彼は笑って答えたそうです。

 

 

 

「そのときはインドに帰って畑でも耕すさ。
それなら食べるには困らないだろ?」

 

 


これは決してジョークではありません。

 

 


彼は、失敗をこれっぽっちも恐れてはおらず

 

 


「たとえ失敗しても、どうにでもなる」と考えているのです。

 

 


この話をすると、必ず

「その人は畑をもっているかもしれないが
日本人の誰もが畑を持っているわけではない」

と言う人がいらっしゃいます。

 

 

 

それはそのとおりですが、畑を持っていないことを
不安に思う必要はありません。

 

 


重要なのは、失敗を恐れず

「いざとなればなんでもできる」

という気持ちなのです。
(『頭で考える前に「やってみた」人が、うまくいく』より)

 

 

ããªã¹ã¯ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 


私たちが、人生で敗者になる方法が2つあるそうです。
それを、経済学者、ピーター・F・ドラッカー
「踏むには、危険が大きすぎるリスク。それと、

逃すにはあまりにも惜しいリスクだ」と言っています。

 

 

 

「無謀なリスクを負う必要」はありませんが

「リスクを全く負わないこと」は、

もっと無謀なことだと思います。

 

 

 

ですから「価値あるチャンス」だと思ったら

 

 

 

「いざとなればなんとかなる」と言って

目の前のチャンスに挑戦しましょう。

 

 ãè¨éãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

「言葉はちから」です。

その口にした言葉が、

チャンスに挑戦する勇気を与えるのです。

 

 

 

チャンスに挑戦することで、

私たちの脳力は磨かれるのです。

 

 

 

また、その挑戦が経験値として残るのです。

すると、目の前のチャンスは手に出来なくても

次のチャンスに活かすことが出来るのです。

 

 

 

「無謀なリスク」以外は全て、

 

 

 

私たちを成長させるための

「チャンス」

ではないでしょうか?

 

 

「きぼりぐまのLINE@」では、ブログで書けない

新しいトピックスやマインドについて、定期的に

お伝えしていきます。

 是非ご登録ください。

登録したら、スタンプを1つお願い致します。

友だち追加

 

 

 

勇気が湧いてくる今日のひとこと
海が、文句いったことあるか!? 満ちたり、引いたりするからこそ、自然なんだよ。人間らしさなんだよ わかった!お前は、本当は!海なんだよ!!
 
 

 

ほぼ毎日更新しています。是非、読者登録を待ってます!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

 よろしければ、↓↓↓↓↓↓↓↓のブックマークボタンも押してください!